読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱社畜ブログ

仕事観・就職活動・起業についての内容を中心に、他にも色々と日々考えていることを書き連ねていきます。

会社員は能力よりも印象が大事

スポンサーリンク

まだ僕が会社で働いていた時の話だが、同僚に「よく怒られている」人がいた。

 

資料を作成すれば「ここが抜けてる、構成が悪い」と叱責され、意見を言えば「考えが足りない」と指摘され、質問をすれば「質問の仕方が悪い」と怒られる。僕は子どものころから、ずっと「他人が怒られている」ところを見るのがものすごくイヤだったので、その人が怒られるたびになんだか自分まで落ち込んでいた。

 

資料の構成が悪いであるとか、質問の仕方が悪いという指摘は、まあたしかに言われてみればその通りという側面もあって、何の意味もなく怒られていたというわけではない。ただ、どうも腑に落ちない感じがしたのは、「その人ばかり」が怒られていることだ。

 

例えば、その人が作って怒られたものとまったく同じ資料を、違う人が作って持っていっても、同じようには怒られない。意見も、その人が言えば「考えが足りない」ということになるが、違う人が同じことを言えば言えば普通に一意見として取り入れられる。質問についても同様で、まったく同じ質問をその人以外の人がした場合は、質問の仕方が悪いとは言われない。

 

結局のところ、その人は「仕事ができない」という印象を持たれてしまっていたのである。こんなふうに、一度「仕事ができない」という印象を持たれてしまうと、その後もずっとそういうバイアスがかかり続ける。実際にはもうほとんど改善されて、能力としては周りと大差ないレベルになっていたとしても、一度形成されてしまった印象はそう簡単には覆らない。評価を根本から覆すような大きな出来事でも起こらない限り、ずっと「仕事ができない」人として扱われ続けてしまう。

 

「仕事ができる」という印象を持たれている人だって、細かいところを見ていけば案外やり方がよくないところが見つかったりする。それでも、「仕事ができる」印象がある人は、いい部分ばかりが強調されて、それによってますます「仕事ができる」人として認知されていく。一方で、「仕事ができない」印象を持たれている人は、悪い部分ばかりが強調されて、「仕事ができない」イメージがどんどん強くなっていく。第一印象がその人に与える影響は、あまりにも大きい。

 

そういう意味で、職場における「最初の振る舞い」はものすごく重要ということになる。新入社員は特に注意しなければならない。新入社員だからと言って、ヘンに萎縮してしまって最初に舐められてしまうと非常に厄介だ。

 

一度ついてしまったマイナスイメージを払拭するのは難しいが、どうしてもその必要があるときは、なるべく印象的に変化を見せる必要がある。『半沢直樹』で近藤が、出向先で自分をバカにしていた課長を怒鳴りつけるシーンがあるが、あのぐらいのインパクトがないと、その人への「印象」は変わらない(勘違いしないで欲しいが、別に職場で怒鳴ることを推奨しているわけではない)。今までのイメージを払拭して、自分を「仕事ができる」人間に見せたいのだったら、能力向上以上に「見せ方」を工夫する必要がある。「毎日、少しずつ変わっていっています」という感じだと、いつまでたっても印象はよくならない。

 

マイナスイメージを払拭するのには、もっと簡単な方法もある。 環境を変えてしまうのだ。そうすれば、印象形成はまた最初からということになる。転職した途端、急に働きやすくなったりするのには、そういう理由もあるのだと思う(これはもちろん逆パターンもありうるので難しいのだけど)。

 

いずれにせよ、「印象」の比重は組織で働く以上は、「能力」以上にずっと大きいと言える。実際にはいくら能力があっても、周りから能力があるように見えなければそれはほとんど意味がない。「印象」を疎かにすると、ものすごく損をする。個人的な心情としては、「なんだかなぁ」と思わずにはいられないのだけど、それが現実だったりする。

 

あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。
 

 本文の一部をこちらで読むことができます!