読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱社畜ブログ

仕事観・就職活動・起業についての内容を中心に、他にも色々と日々考えていることを書き連ねていきます。

就活と恋愛は似ていない。

就職活動
スポンサーリンク

たまに、「就職活動と恋愛は似ている」という意見を耳にすることがある。「エントリーシートは会社へのラブレターである」とか、「選考を進めていく中でお互いのことをよく知り、相思相愛になったら内定」とか、そういう話を聞いたことがあるという人も多いだろう。

 

果たして、本当に就活と恋愛は似ていると言ってよいのだろうか。たしかに、「出会い→お互いを知る→相思相愛で内定」というプロセスを見せられると、なんだか同じような気もしないではない。しかし、こんなふうに双方が情報収集をしつつ合意が形成された時点で契約成立となるのは、別に恋愛や就活に限った話ではない。ヤフオクで物を買うのだって同じようなプロセスを辿る。それに、恋愛と就活では同じではないと思われる点も数多く存在する。

 

例えば、就職活動では、就活生は何社も併願して企業を受けるのが普通だ。ひとりで数十社受けることも珍しくない。これを恋愛にあてはめると、ひとりで数十人を同時攻略しようとしていることと一緒になる。もっとも、企業側も何人もの就活生と日々面接し、合格不合格を決めているわけで、同時攻略という点では学生以上に激しい。こういう状況は、普通の恋愛ではあまり考えられない。

 

あるいは、「期間が決まっている」という点でも、就活は恋愛と大きく違う。就職活動の場合、いわゆる就活解禁の日からせっせと活動を開始し、基本的に大学を卒業するまでにはどこかから内定をもらわなければならない。恋愛の場合は別に開始時期はないし、期限もない。ピンとくる人がまわりにいないというのであれば、無理に彼氏・彼女を作る必要はない。恋愛はしない自由が担保されている。一方で、就職活動の場合、多くの人にとってしない自由は担保されていない。

 

そういうことなので、就職活動に対して恋愛と同じレベルの「誠実さ」を求めるのはおかしいということになる。もちろん、就職活動においても「誠実さ」は必要だが、それは契約社会において求められるレベルの「誠実さ」で事足りる。例えば、どんな会社を受けても「御社が第一志望です」と答えろとか、「心が決まってないなら最終面接に来るな」とかいうのは(参考:こんな就活生はイヤだ。)、本来は応じる必要のないレベルの「誠実さ」だと言える。

 

ちょっと前に、タレントの神田うのが1人で100社受験せざるをえない就活生に対して「100通も(応募書類を)会社に送って失礼な話よ」「結婚なんて1人としかできないんだから。この1社と選んで」と苦言を呈して軽く炎上していたが(参考:神田うの、就活学生に苦言呈してまた炎上……「世間知らず」とバッシング受ける )、これも似たような話だ。就職活動に対して恋愛や結婚なんて喩えを持ち出すと、最終的には「就社」のような事例を「最高に誠実な行為」として肯定することにすらなりかねない。

 

思うに、「就職活動と恋愛は似ている」論を唱えることで、就活生側が得することはあまりない(企業側には都合がいいのかもしれない)。「面接はデートと同じ」とか言われても腹が立つだけではないだろうか。デートなら楽しいだろうけど、果たして面接も同じように楽しいのだろうか。あまり、ヘンな喩えには引きずられないようにしたいものだ。