読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱社畜ブログ

仕事観・就職活動・起業についての内容を中心に、他にも色々と日々考えていることを書き連ねていきます。

勉強は「動機」に投資するのが一番確実

スポンサーリンク

こちらの記事を読んで、感心したので。

 

高校も塾も行かずに合格! 京大3兄弟の秘密 | 世界キャリア家族の子育て戦略 | 東洋経済オンライン 

 

平日の昼間にふらっとカフェに行ったりすると、よくお母さんグループがお茶を飲んでいるのに遭遇することがある。会話の内容は概ね、子供の教育の話だ。「◯◯ちゃんが✕✕の教室に通いだしたらしい」とか「この間、塾の面談があって云々」とか、そういう話を延々としゃべっている。僕もついつい話の内容が気になってしまって、思わず聞き耳を立ててしまう。子供の教育をどうすればいいのかは、最適解がわからない非常に難しい問題だ。

 

子供の教育投資にお金を払った分だけの効果があるのかは、実はよくわからない。仮に子供が最終的に難関大学に進学したとして、それは果たして進学実績のよい中学校や高校に入ったからなのか、あるいは評判のいい塾や予備校に通ったからなのか、それとも実はそんなのはまったく関係なく、本人が頑張って勉強をしたからなのか、実際には誰にもわからない。本当は塾なんて全然行かせなくても、結果は変わらないのかもしれない。でも、子供の一生がかかっていると思うと、「じゃあとりあえず長男は一切塾なしでやってみようか」というわけにもいかない。しかたがないので、周囲に倣って自分の子供も塾に通わせてみたりする人が多い。

 

自身の経験を鑑みると、予備校の授業であるとか学校の授業が、学力向上に直結したという感じはしない。授業も役に立つことはあるだろうけど、勝負を決めるのはむしろ自宅や図書館の自習室での勉強だ。学力向上に対する時間的な貢献度はこちらのほうが圧倒的に高い。どんなに立派な授業を聞いたところで、自分で勉強しない限り学力は上がらない。予備校や進学校に通う意味があるとしたら、自分で勉強しようとする「きっかけ」になるぐらいだ。だから「きっかけ」だと感じられない人にとっては、お金をかけただけの効果は得られない。

 

その点、冒頭で挙げた記事で紹介されている塾のやり方は優れていると言える。この塾が提供するのは、まさに「きっかけ」そのものだからだ。あたりまえの話なのだけど、勉強ができるようになりたかったら、勉強そのものに興味を持つ以上の方法はない。あれこれ細かい受験テクニックを教える塾や予備校に通うより、確実で効率のよい方法だと思う。

 

この方法は、ある意味では「動機」に投資しているとも言えそうだ。勉強そのものにお金を使うのではなく、勉強の動機を抱くためにお金を使う。確かな動機さえ抱ければ、あとは特にお金をかけなくても自分で伸びていくことができる。動機が曖昧な状態で塾や予備校にひたすら通うのよりも、はるかに効率がいいと言える。

 

「動機」に投資するのが有効なのは、子供の教育だけに限った話ではない。自分自身が勉強するときも、似たようなことは言えそうだ。たとえば、英語を身につけたいと思ったら、いきなり英会話教室に大金を払って通ってはいけない。それよりも先に、自分が英語を勉強する動機を揺るぎないものにするためにお金を使うべきだ。たとえば、外国人の彼女をつくるというのはどうだろうか。英会話教室にお金を払うより、そのお金を外国人の彼女をつくるために使ったほうが、結果的に英語の習得可能性は増す気がする。

 

動機は必ずしもお金を払うことで手に入るものではないが、動機を得るために払うお金はケチらないほうがいい。動機に投資をしておけば、あとで何倍も得をすることになる。

 

ヤル気の科学 行動経済学が教える成功の秘訣

ヤル気の科学 行動経済学が教える成功の秘訣