読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱社畜ブログ

仕事観・就職活動・起業についての内容を中心に、他にも色々と日々考えていることを書き連ねていきます。

『星降る夜は社畜を殴れ』:"社畜ライトノベル"の誕生

スポンサーリンク

著者の高橋祐一さんから本をお送りいただきました。ありがとうございます。

 

星降る夜は社畜を殴れ (角川スニーカー文庫)

星降る夜は社畜を殴れ (角川スニーカー文庫)

 

 

本書の存在を知った時の衝撃は忘れられない。社畜ブラック企業をテーマにした本は(僕の本も含めて)結構な数が出ているが、本書のような「社畜×ライトノベル」という切り口はおそらく本書がはじめてだろう。

 

どんな内容なのだろうか、書名を見ただけでは正直まったく想像がつかなかった。労働問題を扱った小説ということは、『蟹工船』とか『太陽のない街』のように、労働者が団結して資本家と戦う話になるのだろうか。だとすると、なんだか暗くて重い話になりそうだ。心して読まねばなるまい。

 

しかし実際には、僕の予想は1ミリもかすっていなかった。全然暗くないし重くない(ライトノベルが重かったら問題だ)。ギャグが多数散りばめられ、終始ハイテンションでストーリーが進んでいく。普段はライトノベルをサッパリ読まないのであまり詳しくないのだけど(ライトノベルは中学生の頃に『ブギーポップは笑わない』を読んだのがたぶん最後 よく考えたら筒井先生の『ビアンカ・オーバースタディ』を読んでました)、詳しい人に聞いたところ本書は「バトルコメディー」なるジャンルに属するらしい。もっとも、ジャンルという枠に嵌めて単純化して語れるような本だとは思えない。谷川流氏の推薦文に「自分が読んでいるものが一瞬何なのか解らなくなる」と書いてあったが、まさにそんな感じだ。

 

個人的に興味深いと思ったのは、全体を貫く対立の構造が「社畜vs反社畜」である点だ。これは現代日本の職場をよく表現していると思う。プロレタリア文学的な公式に乗せると対立の構造は「資本家vs労働者」になりそうなところだが、現代日本においてはたしかに本書の示す「社畜vs反社畜」のほうが一般的かもしれない。

 

たとえば『法令破り』(コンプライアンス・ブレイカー)の二つ名を持つ田中係長はいわゆる「社畜側」の人間だが、地位について言えばあくまで経営者ではなく従業員である(まあ管理職ではあるのだけれど)。社畜的労働を部下に強要しまくったからといって、別に自分が金儲けできるわけではない。資本家が金儲けのために労働者から搾取するのとはちょっと違う。そういう意味で、社畜側が社畜に固執する動機がよくわからなくもあるのだけど、それは別にこの物語の欠陥というわけではなく、現実に日本の会社がそうだからなのだ。

 

この「本来は同じ立場であるはずの従業員同士」が、「社畜と反社畜」に分かれて争ってしまうあたりが現代日本の職場のとてつもなくヘンなところであり、そして実は笑いどころでもある。ブラック企業や労働の問題は、必ずしも笑って済まされるような問題ではないのだけど、本書のように「笑う」立場の本も僕はとても重要だと思う。実際、定時帰宅が超例外で、毎日残業するほうがあたりまえな社会なんて、冷静になって考えると「アホらしくてかなり笑える」気がしないだろうか。

 

もっとも、全部が全部ネタに走っているだけではない。「名ばかり店長・管理職」の説明があったり、「ダメな労働組合の特徴」が説明されていたり、実際に役に立つ知識も少し載っている。こういう知識を知っている人は純粋に増えて欲しいと思う。特に、若い人に。

 

拙著『定時帰宅。』と合わせてお読みいただけると、脱社畜の心意気が高まるのではないだろうか。

 

定時帰宅。~「働きやすさ」を自分でつくる仕事術~

定時帰宅。~「働きやすさ」を自分でつくる仕事術~