読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱社畜ブログ

仕事観・就職活動・起業についての内容を中心に、他にも色々と日々考えていることを書き連ねていきます。

「仕事もプライベートも充実」はかなり疲れる

スポンサーリンク

「仕事もプライベートも充実」というフレーズを目にすることがある。

 

このフレーズを人生の活動指針にしている人がいたら申し訳ないのだけど、僕自身はあまりこのフレーズが好きではない。たしかに、仕事もプライベートもどちらも充実しているという状態はひとつの理想型ではあるだろう。SNSなどで「自分は仕事もプライベートも充実している」と公言している人を見ると、嫌味でもなんでもなく純粋に「すごいなあ」と感心してしまう。おそらく僕自身がそういう状態に至ることはないだろう。なんというか、仕事もプライベートも全力投球で手を抜かずやっていると、すごく疲れそうだと感じてしまうのだ。

 

苦しいことをやっていると疲れてしまうのは当然なのだけど、実は楽しいことをやっていても活動量が多ければやはり疲れる。充実さえしてれば疲れないということはありえない。基本的に、自分が一週間で使えるエネルギーの量は一定で、仕事にエネルギーをつぎこみすぎるとプライベートにつぎこむエネルギーがなくなってしまうし、逆にプライベートにエネルギーをつぎこみすぎると今度は仕事につぎこむエネルギーがなくなってしまう。だから現実には、仕事が超充実している人はプライベートはあまり充実していないことが多いだろうし、逆にプライベートが超充実している人は仕事はそんなに充実してないことが多い。ほとんどの人はそうやって適当に力を抜くべきところは力を抜きつつバランスをとっているのではないだろうかと思う(もちろんそうではない人もいるだろうけど)。

 

「仕事もプライベートも充実」というフレーズは、「充実していない=よくないこと」と決めつけ、あらゆる領域で全力投球することを是としているようでその点がどうも個人的には気持ちが悪い。別に、プライベートに全力投球するために仕事に割くエネルギーを最小化する人がいたっていいし、逆に仕事に打ち込むためにプライベートを最小化することだってあっていい。自分の価値観に応じて、注力ポイントを柔軟に選んだほうが実はすり減らずに活動を長期間持続できるような気がする。実際、「仕事もプライベートも」と徹底的に欲張った結果、気づけば燃え尽き症候群のような状態になってしまった人を僕は何人も知っている。

 

そもそも、「充実」というのは何を意味するのだろうか。休日に家でゴロゴロしているのだってそれで休息になっているのならある意味充実していると言えるだろうし、一方で会社でどんなに大きな仕事を任されていたとしても、本人がその状態をよいと感じていないのであればそれは充実しているとは言えない。結局、充実しているかどうかは本人の捉え方の問題でしかない。世間のイメージに引っ張られるよりも、自分がやりたいことをやりたいようにやれているかが一番大事なのではないだろうか。

 

たとえば「今はプライベートを第一に考えたい」というのであれば、仕事を無理に頑張る必要はない。何かを頑張ったら、何かで手を抜いてバランスを取るのが人間としては自然である。仕事・プライベートと分離して充実度を測るのではなく、トータルで考えて主観的に充実度を測ればそれでいい。そうやって持続可能な状態をつくり日々を生きていくのが、本当の意味でのワークライフバランスなのではないかと思ったりもする。

 

プライベート・ライアン [Blu-ray]

プライベート・ライアン [Blu-ray]