読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱社畜ブログ

仕事観・就職活動・起業についての内容を中心に、他にも色々と日々考えていることを書き連ねていきます。

『今すぐ中国人と友達になり、恋人になり、中国で人生を変える本』書評

スポンサーリンク

特に周囲に中国人がいるわけでもなく、中国に旅行に行く予定もないのだけど、本屋で見かけて面白そうだったので買って読んでみた。

 

 

これは想像以上に面白い本だった。

 

本書は「中国嫁日記」でお馴染みの井上純一さんが、自身の体験を元に中国人と友達になったり、恋人になったりするために必要な「考え方」を書いたものだ。日本人ではあまり馴染みのない「身内」という概念を中心に、中国人の人間関係の築き方について色々な角度から書いている。本文は井上純一さんと奥さんの月さんの対談形式で進み、非常にサクサク読み進めることができる。

 

もちろん、本書に書かれている内容がすべての中国人に適応できるわけではないだろう。中国人は〜とか日本人は〜とかいう言説は、「主語が大きすぎる」ので(そもそも、中国の人口13億8000万人なのだから、一括りにできるわけがない)どうしても該当しない部分がでてくるし、「ざっくり」した話になりがちだ。ただ、それでも「国民性」というものはやはり存在するはずで、ひとつの見方として本書の内容には大きな価値があると思う。

 

Amazonのレビューを見ると、本書には「客観的データが欠ける」という意見があったが、それは別に本書に求めるものではない気がする。むしろ、客観的データよりも著者が自らの珍しい立場(中国人と結婚し、中国で暮らし、中国で仕事をしている)において実際に見聞きし、体験し、著者の周囲で起こっていることから抽出された「中国人には、◯◯の考え方をする人が多い」といった知識こそが本書の最大の価値であり、こういう情報は日本に閉じこもってネットサーフィンだけしていては絶対に入手できないものだ。感覚としては、中国で面白い体験をしている人と一緒に飲みに行って、色々と普段聞けない話を聞けた、といったような読後感を味わうことができた。

 

本書の内容がどこまで実践的かは、もう実際に中国に行って中国人の友達を作り、さらには中国人と恋人になって人生を変えることで確かめていくしかないだろう。きっとその過程で本書に書かれていない新しい事実も、色々とわかってくるに違いない。そうなったらぜひ、何らかの形でその情報を発信して欲しい。「体験に基づいた情報」を求めている人は、世の中に必ずいる。

 

個人的には、「あとがき」の内容が心にしみた。中国嫁日記、と合わせてぜひどうぞ。おすすめです。