読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱社畜ブログ

仕事観・就職活動・起業についての内容を中心に、他にも色々と日々考えていることを書き連ねていきます。

「トレードオフ」を飼いならせなかった2015年の反省文

その他

2015年もあと数時間で終わろうとしている。みんなやっていることなのだけど、軽い振り返りなどをしてみようと思う。

 

2015年は、個人的にはあまり振るわない1年だった。やりたいことはあれもこれもと膨らんだのだけど、その分ひとつの活動に十分に集中することができず、結局は全体的に何もできなかったような一年だった。ご存知のようにブログの更新も停滞したが、ではその分何か別の活動が捗ったかと言われるとそういうこともない。

 

2015年を一言であらわすなら「トレードオフをうまく飼いならせなかった一年」ということになるかもしれない。Aという活動に時間を割けば、その分だけBという活動に割く時間がなくなる。こんなことは小学生でも理解できる単純なことだと思うのだけど、いざ何かをしようとすると「AもBも」やろうとしてしまう。実際にはAもBもどころではなく、AもBもCもDもEもFもぐらいあれこれとやりたいことを分散させてしまったので、なんだか全体的に停滞してしまった。せめて優先順位をつけて直列に実行していくべきだったと思うのだけど、今更遅い。

 

唯一、結構な時間を費やせたと思うものに、読書がある。今年はインプットに集中しようと決意して本を去年の2倍ぐらいは読めたのでその点ではなかなか充実していたとは思う。しかし、選書がベストだったかと言われると微妙だ。どうも「自分が本当に読みたい本」ではなく「読んだほうがよいと世の中では言われている本」みたいなものばかり中心に読んでいたようで、いざ大晦日になって今年読んだ本リストを眺めていると「ホントに、この本読む必要あったのかな?」と思う本が何冊もあって、つくづく読書は難しいと思う。くだらない本を一冊読めば、その分他の重要な本を読む時間がなくなる。読書も結局、トレードオフが重要な営みだということだろう。

 

せっかくなんで、そうやって今年読んだ本の中で個人的に面白かったと思った本を1冊ここで紹介して今年の更新を終わろうと思う。

 

東大駒場寮物語

東大駒場寮物語

 

個人的に、今年のナンバーワンは文句なくこの本だった。

 

本書は、駒場寮第132期寮委員長を務めた著者によるノンフィクションで、駒場寮の歴史や1990年代〜廃寮に至るまでの実際の駒場寮の様子などが、著者の経験を交えて詳述されている。前半は駒場寮に住む奇人の奇天烈な行動や逸話に腹を抱えながら読んだが、後半、駒場寮が廃寮へと追い込まれていく過程を読むのは切なく涙なしには読めなかった。

 

僕が東大に入ったころにはもう駒場寮は壊されてしまった後で、アーチが遺構のようにポツンと残っているだけだったのだけど、先輩あたりから聞く駒場寮の話はかなりエキサイティングで、駒場寮についてはもっと色々と知りたいと思っていた。この本を読み終わってしみじみと思うのは、東大は本当に、取り返しのつかないことをしてしまったんだなということだ。今からもう駒場寮のような場所を東大につくることはかなり難しい、というかもう無理だろう。コミュニティを壊すのは容易いが、壊したコミュニティをもとに戻すことはできない。

 

駒場寮の廃寮が後世に与えた影響はかなり大きいだろう。それがいい影響なのか悪い影響なのかは正直なところわからない。駒場寮があったおかげで人生を踏み外した人は少なくないことを考えると、駒場寮がないことで人生を踏み外さないで済んだ人もいることになる。実際、僕の友人にも駒場寮なんかに出入りしていたらきっと卒業できなかっただろうなぁ、と思う人はいる。ただ、ストレートに卒業することだけが本人にとって本当にいいことだという保証もないので、一概にいい影響とも言えない。ひとつだけ言えるのは、あるはずだったコミュニティがないことで、人生が大きく変わった人は間違いなくいるだろうということだ。コミュニティを破壊したり、あるいは新しく作ったりするということは、現在そのコミュニティに属している当事者だけでなく、未来に属する可能性があった人にも強い影響を及ぼす。

 

僕の学生時代にもし駒場寮があったら入寮したかと問われたら、正直わからないと答えざるを得ない。一人暮らしを選んでしまったんではないかなぁという気もする。それでも、駒場寮がなくなってしまったことは残念だ。東大は駒場寮を廃寮にすることで、間違いなく何かを喪失した。もしかしたら、その影響はとんでもなく大きかったのかもしれない。そんなことを考えながら、2015年を終える。

 

「残業シェア」という最悪の考え方

残業

先日、新聞を読んでいたらこんな特集記事が載っていた。

 

 

電子版を契約していない人は全部読めないと思うのだけど、要は職場のみんなで助け合いの意識を持ち、残業が突出している人がいたらその人の仕事をみんなで分かち合おう、という考え方をこの記事では「残業シェア」と呼んでいる。

 

効果が出ている(と少なくともこの記事には書いてある)職場もあることから、「残業シェア」は一見よさそうな施策にも見える。しかし、僕はこの考え方で残業が減るのは特定の条件を満たした一部の限られた職場だけだと思う。多くの職場では、むしろ「残業シェア」的な考え方は逆に残業を増やしかねない。

 

「残業シェア」の最大の問題は、「助け合い」の名の下に同調圧力の発生を肯定しかねない点にある。「多くの仕事を抱えている人の仕事を分かち合う」という考え方は、「自分の仕事が終わっても他人の仕事が終わらなければ帰るな」というつきあい残業に容易につながる。そもそも、単純な業務内容でない限り、他人の仕事はそう簡単には引き受けることができない。実際のところ、料理をシェアするように簡単にシェアできる仕事は、職場にどれだけあるのだろうか。

 

仮に「残業シェア」のような発想で簡単に仕事を分かち合えるなら、そもそも残業以前にタスクを配分する段階で適当な割当が行わなければおかしい。「残業シェア」でうまくいった職場は最初からマネージャーのタスク配分に問題があった職場というわけで、別に「助け合い」云々の話を持ちださなくても適切にマネージャーがタスクを振り直せば問題は解消したはずである。

 

以前サイボウズ式に書いた定時後の「何かお手伝いすることありますか?」は必要ないという記事の内容の繰り返しになるのだけど、職場で敷くべきルールは「残業になった人をみんなで助ける」ではなく「他の人が残業していても、自分の仕事が終わったらさっさと帰ってよい」のほうである。「残業シェア」的な発想で、自分の仕事が終わっても他の人の仕事が終わらなければ帰れないとするならば、まず自分の仕事を素早く終わらせようというインセンティブがなくなってしまう。そういう状況でダラダラと仕事をしても生産性が落ちるだけでいいことはない。人間はゴールがあるから頑張れる。「助け合い」の名の下に、その貴重なゴールを奪ってはならない。

 

元記事にあるような特定の人に残業が集中しているという問題が起こっているのであれば、それはそもそも仕事の配分を見直すべきだろう。「助け合いの意識」という美辞麗句は日本の職場ととても親和性が高いのでよさそうに見えるかもしれないが、実際には同調圧力に支配された働きづらい職場を生む危険を孕んでいる。

 

どうせ意識改革をするなら、いっそのこと「仕事が終わっていなくても、業務時間がすぎたら帰るのが当然」という考え方にシフトしていったほうが残業抑制という意味では何倍も効果があるだろう。そろそろ僕たちも「徹夜してでも間に合わせる」「残業してでも終わらせる」という考え方に代表される、「業務時間」を軽視する考え方から卒業していったほうがいいのではないだろうか。