読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱社畜ブログ

仕事観・就職活動・起業についての内容を中心に、他にも色々と日々考えていることを書き連ねていきます。

「友達の作り方がわからない」という人は、とりあえず知り合いをたくさん作るといい

「社会人になってから、友達の作り方がわからなくなった」

 先週末、久々に会った大学時代の友人と飲んでいたら、そんな話になった。

 

自分で稼ぐようになったいい年齢の大人が「友達の作り方」で悩んでいるというのはなんだかちょっと情けないように聞こえなくもないが、意外とこれと似たことを感じている人は少なくないようだ。そういえばまだ学生だった頃にサークルの飲み会で、会社員のOBから「本当に損得勘定抜きで付き合える友達が作れるのは大学生のうちだけだ」という説教をされたことがあったが、要はこれも「社会に出たら友達の作り方がわからなくなった」(ように感じる)ことから出たアドバイスなのだろう。

 

思うに、会社に入って働くようになったらもう学生時代のような友達は作れないと断言してしまうのには抵抗がある。そうやって会社に入って働くことを不可逆な変化だと見ること自体がそもそも僕の思想とかけ離れているし、それに学生時代につくった友人とは本当に損得勘定抜きで付き合えるのかというと、必ずしもそうではないような気がする。結局は人と人との相性の問題なので、環境と状況が許せば仲良くなれる人とは年齢関係なく仲良くなれるだろうし、逆に仲良くなれない人とはどんな状況に置かれても仲良くなれない。

 

ではなぜ、結構な数の人が「社会人になったら友達の作り方がわからなくなった」などと感じるのだろう。これは結局、職場というコミュニティの性質に依るところが大きい。職場というコミュニティは基本的に内側に閉じていて、大学のサークルほど気軽に抜けたり入ったりすることもできず、流動性が低い。「構成員がそれぞれ気持ちよくすごす」ことよりも「決められた枠組みに基いて日々経済的価値を生み出す」ことに最適化されているので、「居心地が悪い」ことは経済活動に大きな影響がなければ真剣には対処されない。居心地が悪ければすぐフェードアウトし、付き合う相手も柔軟に入れ替わっていた学生時代と同じノリで職場で友達を増やすことなどそもそもできるようになっていない。比べること自体が間違っている。

 

結局、職場で学生時代と同じように友達ができないというのはあたりまえで、できる人がいるとしたらそれはもう本当に特別な才能を持った人だけに限られる。普通の人は、そんな特別な才能は持っていない。だから、職場で仲のいい人がまったくできないからと言って、自分の側に原因があるなどと思ってはいけない。原因はあくまで環境にある。

 

そういうあたりまえの違いを認識上で、学生時代が終わってもまだまだ友達を作りたいと考えるのであれば、方法は単純である。友達を作りたいと思うのだったら、まずは知り合いをたくさん作るようにするといい。そうすれば、そのうちの一部はきっと友達になれる。大切なことは、人と付き合うときに最初から友達になることを目的にしないことだ。世の中にはいろんな価値観があるので、合わない人とは何をやっても合わない。そういう人とは知り合いのままでいたほうがお互い幸せだ。逆に友達になれる人とはそれほど意識しなくても仲良くなれる。ここで無理に友達を作ることだけを追い求めて会う人全員と仲良くなろうとすると、必ずどこかで辛くなって破綻する。

 

知り合いをたくさん作るには、とりあえず会社以外のコミュニティに顔を出すのがおすすめだ。会社以外に所属するコミュニティが思いつかないという人はいろんな意味でまずいので、勉強会でも趣味の集まりでもネットのオフ会でもなんでもいいから「仕事とは違う繋がり」を持つべきである。世界は広いので、会社の外のコミュニティで知り合いを作っていけばどこかで自分と合う人に会える可能性は高い。会社の中に探索範囲を限定してしまうのはおすすめしない。会社はその性質上構成員の価値観をひとつの方向に集約させるので多様性が担保されず、合わない場合トコトン合わないということになりかねない。

 

「友達の作り方」なんて、基本的にはわざわざ意識するようなものではない。そのために自分のコミュニケーションのやり方や物事の捉え方を無理に変えたりするよりも、自然に合う人とよい関係が築けるような環境に身を置くこと考えた方がいい。無理に自分を曲げて上辺だけのつきあいを増やしても、それは友達を増やしたことにはならないだろう。自然にできることを自然のままやるのが一番だ。

 

君に友だちはいらない

君に友だちはいらない

 

 

「スキルがないから独立できない」という人は、たぶん最初から独立する気がないんだと思う

こちらを読んで。

「私は特別なスキルがないので、独立は難しいと思っています」という話はたしかによく聞く。

 

ただ、こういうことを言う人たちの多くは、実はそもそも最初から独立する気がなかったりする。多少の不満はもちろんあるだろうけど、それでも独立しようという話を具体的に考えなくてよい程度には今の会社で働けているということだ。それは実際とても幸運なことだし、そういう人に「独立しろよ」と言っても余計なお世話だろう。また、この言葉には多分にお世辞(ヨイショ)的な意味合いもある。社交辞令的に「スキルがないから独立できない」と言ってきた人に対して「いや、あなただって独立できますよ!」と力説してもそれはただの痛い人である。美容院での天気の会話程度の形式的なやりとりだと考えておくほうがいい気がする。

 

ただ、これがそのような意味ではなく、本気で独立したくて「私は特別なスキルがないので、独立は難しいと思っています」と言っているのだとしたら、正直これはかなり心配になる。ここで問題なのは、特別なスキルがないことではない。独立するのに必要なスキルが定義できていないことが問題なのだ。

 

スキルが身に付いていない状態で独立してはダメだとは僕も言わない。独立後に業務を遂行していく過程でスキルを身につけて間に合わせることは実際多いだろうし、そうやってOJT的にやっていったほうが学習効率も高いのは事実だ。ただ、せめて独立前にどんなスキルが必要になりそうで、かつそれを自分が業務を通じながら身につけていけそうか、そのぐらいの見立ては欲しい。もちろん、100%の見立ては無理だ。実際に独立してから「ああ、あれも必要だった」と気づくことは当然あるだろう。どこかで見切り発車になるのはやむをえないが、それでも事前に想定できる分だけぐらいは想定しておかないと、独立したあと「自分はサラリーマン以上にフリーランスに向いていなかった」なんて事態になりかねない。

 

ここからは完全に僕個人の印象の話なので参考程度に読んでいただきたいのだが、個人的にはプログラミングであるとかライティングであるとか、そういったテクニカルな知識については見切り発射でも問題ないと思っている。ただ、たとえば受託を中心にやっていくなら仕事を取ってくるための営業力・人脈が必要になると思うが、これらは独立したあとで頑張っても急激に伸びたりはしないので(言い方は悪いが営業力はほとんど才能で決まる。できない人ができるようにはまずならない)、このあたりの見立ては慎重にやったほうがいいだろう。ウェブサービスを作るとかブログのアフィリエイトで生計を立てるとか、営業しない形のフリーランスでやっていくのであれば(営業しないぶん気楽に見えるかもしれないが、稼ぐ難易度はこっちのほうが高い)まずは独立前に簡単なものをつくってみて自分がそういう方法で稼ぐことに向いているか試してみるといい。思うに、働きながら月1万円も副業で稼げない人が独立した途端に月収50万になるとかいうことは基本的にありえないので、会社を辞めるなら実際に少しでも稼いでみてからのほうがよい。

 

いろいろとシミュレーションした結果、それでも独立したいという気持ちが萎えないのであればそれはそれでいい。やってみたいという、挑戦してみたいという気持ちにウソをついても虚しくなる。勇気を持って飛び込んでみるというのもいいだろう(責任はとれないが)。人生は1回なので、独立するにせよしないにせよ、後悔しないように生きることが大切だ。

 

フリーランスのための一生仕事に困らない本

フリーランスのための一生仕事に困らない本