読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱社畜ブログ

仕事観・就職活動・起業についての内容を中心に、他にも色々と日々考えていることを書き連ねていきます。

転職エージェントの選び方と比較の軸

転職

 

先日、過去に転職エージェントで働いていたことがあるという人と会う機会があり、人材紹介サービス全般について色々と教えてもらった。この手の情報はネットで調べるとたくさん出てはくるのだけど、やはり直接経験のある人から話を聞くと裏話的なものも含めて色々と面白い話が聞ける。このブログを読んでいる人の中にも、転職を検討中だという人がいるかもしれない。そこで今回は、先日聞いた話とそれを補足するために調べた情報を元に、転職エージェント(人材紹介サービス)について少しまとめてみたいと思う。転職エージェントの利用を検討している方は、ぜひ参考にしてみてほしい。 

転職エージェントとは何か

そもそも、転職エージェント(人材紹介サービス)とは何なのだろうか。転職希望者の視点から一言で説明するならば、「その人のキャリアプラン・職歴等をヒアリングし、希望に沿う転職先を紹介してくれるサービス」だと言える。単なる転職サイトの場合は自分で条件を絞り込んで求人を探し自分で応募をしなければいけないが、転職エージェントを利用する場合は担当のキャリアコンサルタント(キャリアアドバイザー=CAともいう)が一人ついて色々と相談に乗ってくれる。企業への応募や面接日時等の調整、採用時の条件交渉、入社時期の調整など、本来であれば自分でしなければならない作業もすべてエージェントが間に立ってやってくれる。職務経歴書の書き方や面接の指導など を行ってくれるエージェントも多い。しかも、転職エージェントの利用にお金はかからない。転職を考えている人にとっては、いいことずくめのサービスに見える。

転職エージェントのビジネスモデル

なぜこんなにも転職エージェントは手取り足取り、しかも無料で転職希望者の世話をしてくれるのだろうか。答えは、転職エージェントのビジネスモデルにある。転職エージェントは、転職が成立した際に転職者の年俸の約30〜35%を仲介手数料として紹介先の企業から受け取る。転職エージェントにとって転職希望者が内定を獲得することは売上を上げるための基本的な要件なので、そういう点で転職エージェントと転職希望者の利害は一致する。職務経歴書の書き方や面接の指導を無料で行ってくれるのも、すべてはこの利害関係の一致に理由がある。

ちなみに、この"年俸の30%〜35%"という料率は海外に比べるとだいぶ高いらしい(国によっては年俸の10%前後ということも少なくないそうだ)。日本ではリクルートがプライスリーダーとなってこの30%〜35%という料率を決定し、この料率については価格競争をしないという暗黙のルールがあるという。これは転職希望者にとってはいいことなのかもしれない。仮に料率が年収の10%程度しかないとすると、到底今と同じようなサービスを転職希望者が受けることはできなくなるだろう。

企業側にとっての転職エージェント

転職成立時、企業は転職エージェントに契約時の年俸の30%〜35%という巨額な仲介料を払う。給料の約4ヶ月分に相当する額を払うということは、それにふさわしいだけの価値を企業側が転職エージェントにあると認めているからにほかならない。

たとえば、企業が転職エージェントを利用せずに特定の水準を満たした人材を採用しようとしたとする。一番最初に思いつくのは公募をかけて自由応募してもらうことだが、この方法だと応募者の能力に大きなバラつきがあるし、実際そう都合よく求める水準を満たした人が応募してきてくれるわけでもない。求人広告の掲載料もバカにならないだろう。転職エージェントを利用すると、この問題が一部解決される。人材の質は転職エージェント側である程度フィルターされるし、エージェントにだけ希望条件を伝えておけばいいので求人広告の掲載料を払う必要もない(その分成立時のfeeはガッツリ取られるのだが)。

また、公募の際には法律上書けない条件(性別の指定や過去の転職回数、特定の会社の出身者を除外)も、転職エージェントを使えば特記事項として伝達し、事前に振るいにかけてもらうということが可能だったりする。これも効率的に採用活動を行い企業にとっては都合がよい。そういう事情もあって、多くの企業が完全自由応募以外に転職エージェントも並行して活用している。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用することで、一般的に以下のメリットが享受できると言われている。

1. 内定獲得率の上昇

企業によっては、転職エージェント経由で応募することが企業に直応募する場合よりも有利に働く場合がある。転職エージェントは企業側に転職希望者を紹介するが、誰でも無差別に紹介しているわけではない。基本的には「この人なら内定を獲得できる可能性がある」という見込みがある場合に、企業側に紹介を行っている(内定させてはじめて売上が立つ商売なので、効率という意味でも箸にも棒にもかからない人材を紹介することは普通ない)。その結果、転職エージェント経由の応募者は「ある程度の水準はクリアしている」という推定がなされることになる。転職エージェント経由で面接に来た時点で、「有力な採用候補者」として扱ってくれるのだ。

また、転職エージェントには過去の応募者によって培われたノウハウが多数あるので、適切なアドバイスによって内定獲得率が高まるという側面もある。上述のように、内定を獲得することは転職希望者と転職エージェントとの間で利害が一致するので、少なくとも内定を目指すという点については転職エージェントは大きな力になってくれる。

なお、これとは真逆で、完全自由応募に比べて転職エージェント経由の応募には成立時に仲介手数料がかかるのでその分選考が厳しくなるという意見があるが、そう言い切れるかどうかは実際には微妙なところだ。仮に完全に同一の能力を持った人が自由応募と転職エージェント経由で現れて、どちらを取るかという事態になればたしかに自由応募の人を取るという判断が下されることもあるかもしれないが、現実にはそのように能力が完全に均衡し、しかもどちらかだけしか選べないという事態には普通はならない。また、近年はエージェント経由ではなく単なる転職サイト経由の応募も多くの求人媒体で成果報酬型に移行しており、転職サイト経由の応募者と競る場合であれば仲介手数料面での有利不利はもはや問題にならない。

やはりトータルで考えると、エージェントの利用で内定可能性は下がるよりは上がると言えるのではないだろうか。

2. 非公開求人への応募が可能

転職エージェント経由で人材を集めたいと考えている企業は、その求人を転職エージェントだけに流し、一般求人媒体には流さないことが少なくない。そのため、そもそも転職エージェントを利用しないと応募できない求人が存在する。事実、転職エージェントの抱える求人の多くは公開求人ではなく非公開求人だ。

こういった非公開求人に応募したいのであれば、基本的には転職エージェントに登録するしかない。転職エージェントに登録することは、一人で転職サイトを使うだけではリーチできなかった転職先にリーチすることにもつながる。

3. 転職活動に伴う煩雑な事務作業が簡略化できる

転職エージェント経由で転職をする場合、面接の日程調整や採用時の条件交渉、入社時期の調整などはすべて転職エージェントがやってくれる。職務経歴書・履歴書も最初に作成した一点を応募企業ごとにコンサルタントと一緒にアレンジすればよいので自分でアレコレと複数管理する場合よりずっと楽になる。会社を辞めずに転職活動をする場合、スケジュール管理等を個人でやると大変なことになるので、このあたりを代行してもらえるのは非常に心強い。

転職エージェントを利用するデメリット

物事には表があれば裏がある。転職エージェントの利用にはもちろんデメリットもある。

1. 年収があらゆる面で優先される

何回か述べてきたように、転職エージェントの売上は転職成功者の年俸の30%〜35%である。このビジネスモデルが、ある種の歪みの原因になる。

転職エージェントのキャリアコンサルタントは、売上が評価に直結している。売上を上げるという観点だけに絞って考えると、転職先の年収は高ければ高いほどよい。ゆえに、仮に求職者の希望が年収以外の面(仕事内容や経営方針、労働時間など)にあったとしても、実際には年収優先で仕事が紹介される可能性がある。複数の企業の内定を獲得した際も、基本的には年収の高い方の会社に行くことを勧められるだろう。この原理を知っていないと、自分の本当の希望とは違う会社に転職させらるおそれがあるので注意が必要だ。

2. 紹介される仕事は相場に基づいてほぼ機械的に決まってしまう

転職希望者にとっては一生に何回かしかない転職も、転職エージェントのキャリアコンサルタントから見れば無数にある転職のひとつでしかない。ゆえに紹介もある程度システマティックにならざるをえない。基本的には、紹介される仕事は学歴、職歴、年齢などからほぼ機械的に導き出される。

経験豊富なキャリアコンサルタントにかかると、「学歴、職歴、年齢」の情報があれば実際には面談などしなくても大まかな着地点が予想でき、しかもその予想は大体あたるという。それゆえ、受かる見込みのないチャレンジをさせてくれることはほとんどなく「受かる可能性が低い」企業は、最初から選択肢に上がってこない。それゆえ、エージェントを使うと転職の幅がある意味では狭まるとも言えなくはない。

3. 内定後、じっくり考える時間が与えられない場合がある

キャリアコンサルタントの評価指標が売上である以上、ひとりの人に割く時間は短ければ短いほどよい。できるだけ短い時間で内定に導き、転職を決定させることが転職エージェントの一番の利益になる。

ゆえに「内定をしたが行くかどうか迷っている」という状況は、転職エージェントから見れば売上が確定しない不安定な状況であり「さっさと決めてほしい」のがホンネだ。この点は「内定後に自分のキャリアについて落ち着いて考えたい」「もう一社ぐらい内定を取ってから考えたい」という転職希望者と利害が一致しない。酷いエージェントになると、1社でも内定を取った途端クロージングモードに急変し、決定を急かしてくる場合がある。

かしこい転職エージェントの利用方法

ここまで述べてきたように、転職エージェントはうまく利用すれば転職活動を有利に進めることができるが、一部彼らの行動原理を知っていないと不利益を被ることがある。以上を踏まえて、転職エージェントを利用する際には以下の3点に気をつけるようにするといいだろう。

1. 転職エージェントは必ず複数利用し、徐々に絞る

転職エージェントは数多くあるが、結局一番大切なのは担当のキャリアコンサルタントの相性である。同じ会社でも、担当者と合うか合わないかで転職活動のやりやすさは大きく変わる。そして、自分と相性のいいキャリアコンサルタントと出会いたいのであれば、一番簡単な方法は転職エージェントを複数利用することだ。別に、転職エージェントを複数社利用してダメだというルールはない。まずは広めに5、6社登録し、面談をしつつ1〜2社に絞るという使い方をすると、ハズレのエージェントを引いた場合のリスクヘッジができる。

コンサルタントの良し悪しは、比較の視点を持つとより鮮明にわかるようになる。転職ビジネスは基本的に属人ビジネスなので、会社ごとの特性を調査しても最終的には担当のコンサルタントとの相性の問題になる。なるべく気持よく転職活動を進めるためにも、まずは広げてあとから絞るという戦略を取るといい。なお、同じ求人でも担当者によって保持するノウハウが全然違ったりもするので、相性以外にそういった実質面での差異も余力があれば注意したい。

ちなみに、転職エージェントを切る際には明確に断りの意思表示をせず、適当に放置しておけばほとんどの場合それで大丈夫だ(向こうも、こちらを放置することはよくあるのでお互い様である)。明確に断らないようにしておくことで、いざ情報が必要になった時に再度活用できるというメリットもある。どうしても伝える必要があるときは、「ちょっと思うことがあって、いったん転職活動を中断しているのでまた再開するときに連絡させてほしい」とでも伝えておけばいい。

2. 決定を急かされたら強い意志を持って対抗する

前述のとおり、内定獲得までは転職エージェントと転職希望者の利害は一致するが内定獲得後の利害は必ずしも両者で一致するとは言えない。転職エージェントが決定を急かすのは、彼らの利益に照らせばある意味ではあたりまえの行動だと言える。大切なことは、そういった彼らの都合に付き合ってやる必要はまったくないということを知ることだ。

あくまで入社するか否かの決定権は求職者の側にあるわけだから、真に立場上有利なのは実はこちら側である。仮に強い態度で出られたとしても、断固として自分の意志を貫くようにすべきだ。特に、月末や期末などで期限を来られた場合、それは完全にあちら側の営業成績上の都合でしかない。しつこく急かされる場合は「大事なことなので、後悔しないようにしっかり考えたい」と意志をキッパリ伝えるとよいだろう。

3. 入社決定時のエージェントの意見は参考程度に

何度も述べてきたことだが、エージェントの売上は契約時の年収額に大きく左右される。年収は高いが転職者に社風があってなさそうなA社と、年収は低いが転職者に社風があっていそうなB社では、残念ながら転職者の意向を無視してA社が推されることも少なくない。

転職エージェントとは、転職活動を一緒に走ることになるのでなんでも相談できる気持ちになってしまうものだが、それはあくまで内定時までのことで、決定時の意思決定は自分自身で下さなければならないということは肝に銘じおこう。

4. 異業種への転職などがしたいなら転職エージェント以外の選択肢も検討する

転職エージェントは転職市場の相場によって案件を紹介してくるので、転職市場の力学に反する転職をしようとする場合は正直言ってあまり役に立たない。未経験だが思い切って全然違う業態に飛び込んでみたいというのであれば、他の入り口を探ったほうがいいかもしれない。

基本的に「あなたの職歴と年齢なら次は概ねこのぐらい」という考え方でまわる世界なので、ドラスティックなキャリアを自ら築いていきたいという人は転職エージェントに相談しても実のあるアドバイスは得られないと思った方がいい(一部の個人事業型の転職エージェントだと、そういう希望にも対応しているところがあるらしいが)。

転職エージェント各社の特徴

転職エージェントは大きく総合型、業種・職業特化型、個人事業の3つに分類できる。それぞれ特徴があるので、用途に応じて適切な転職エージェントに登録するとよいだろう。もっとも、一番大切なのは担当者との相性なので、あまり深く考えこまずに登録し、面談してから決めるという「とりあえず動いてみる」姿勢も大切だ。

1. 総合型エージェント

リクルートエージェント

誰もが知ってる業界第1位の転職エージェント。公開求人数は約19,000件、非公開求人 100,000件と求人数は文句なしの業界最多。

規模の大きさゆえにキャリアコンサルタントのタイプを一概に括ることはできないが、いわゆるリクルートっぽい、明るく仕事が好きで前向きな人が多いと言われる。なんせスタッフが多いので担当者のあたりはずれの問題は当然あるのだが、転職エージェントを利用した転職活動を検討中ならとりあえず登録という姿勢でいいのではないだろうか。

インテリジェンス DODA

業界第2位。求人数は40,000件、そのうち80%は非公開求人。なぜか僕の周囲では、DODAが大手総合型転職エージェントの中で一番評判がいい。

キャリアコンサルタントにはいろんなタイプの人がいるので一概には言えないが、友人にDODA経由で内定を決めた人がいるので評判を聞いてみたところ「誠実な人で、色々とこちらの個人的な相談にも乗ってくれてよかった」と言っていた。結局彼は熟慮の末に内定を蹴って転職を取りやめることになったのだが、その際の対応も特に問題はなかったという。もちろん、担当者との相性次第ではこのようにいかないこともあるだろうから、あくまで参考までに。

typeの人材紹介

求人職種はIT系・営業系・管理系等と幅広いが、拠点が関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)に限定されている地域限定型の転職エージェントである。これらの地域以外で転職先をさがす人は登録したくてもできないので注意。

内定後の給与交渉を前面に打ち出しているので、関東在住で転職目的のうち年収アップが大きな割合を占めている人は目的に沿う可能性もある。地域と目的があうなら登録を検討するものよいだろう。

マイナビエージェント

規模はリクルートメントエージェント、インテリジェンスDODAと比べると小さいが、20~30代といった若手の転職に強いと言われているが、実はそれほど差別化要素は見つからない。

キャリアコンサルタントのノルマが他社に比べて緩いという噂(あくまで噂らしいので真偽はわからない)があり、それが本当だとするとその分エージェント側の都合を押し付けられにくいと言えるかもしれない。リクルートエージェント、DODA等他の総合型エージェンの担当者と相性が悪いようであれば、追加で登録を検討してみるのもいいだろう。

2. 業種・職種特化型エージェント

総合型のエージェントだと、多くの場合紹介される求人案件が共通で、担当者レベルの差しかないということが実は結構ある。転職先の業界が決まっているのであれば、業種・職種に特化したエージェントを利用してみるというのもひとつの方法である。ここでは、例としてIT系に特化した(あるいは強みを持つ)と言われているエージェントを取り上げる。

レバテックキャリア

IT・Webエンジニア専門の転職エージェント。求人は100%IT・Web系。もちろん総合型エージェントにもこれらの職種の案件はあるが、担当者のIT知識があまり高くなく不満を感じたという話は結構聞く。レバテックキャリアの場合はさすがにIT・Web系専門と銘打つだけあり、担当者のIT知識レベルは総じて高く、その点に不満を感じる人はあまりいないようだ。職種がIT・Web系と決まっているなら一度面談してみるといいかもしれない。

ワークポート

IT・インターネット・ゲーム業界に強みを持った転職エージェント。特にゲーム業界についての専門性は非常に高いと聞く。かつては完全にこれらの職種に特化した転職エージェントだったが、最近は総合型への転換も進めつつあるらしい。とはいえ、まだ軸足はIT・ゲーム系にあるのでこちらに分類している。

ワークポートには「eコンシェル」というツールで、すべての非公開求人を自分で検索できるという他社にはない特徴もある。多くの転職エージェントで求人がキャリアコンサルタント越しにしか見えないのに対して、この点は新しい。

3. 個人事業型エージェント

個人でも企業とのパイプと人脈があれ転職エージェントを営むことができる。入社時の年収の30〜35%が報酬であるがゆえ、最低でも1年で3人紹介できれば普通の人の年収相当額になり、それができれば立派に個人事業として成立する。企業体の転職エージェントにはない独特の切り口で勝負する人が多く、うまくハマればとてもいいサービスが受けられる。

今回は個別に取り上げることはしないが、身近にそういう人がいる場合、一度話を聞いてみるというのもいいかもしれない。

まとめ

長くなったので、最後に転職エージェントを選ぶ際のポイントを短く再掲してこの記事を終わる。

  • 転職エージェント活用時はまず複数登録し、相性のいいエージェントに徐々に絞っていく。まずは相性のいい担当者と出会うことが大事。
  • 転職エージェントは基本的に年収の高い企業への入社を促すが、それが本当に自分の求めるものかは自分でよく考える
  • 未経験業界への転職や、転職市場の機械的な評価に逆らう転職をしたいなら転職エージェントはあまり向いてない

以上、みなさんが少しでも転職活動を有利に進められることを祈っている。

 

「仕事もプライベートも充実」はかなり疲れる

ワークライフバランス

「仕事もプライベートも充実」というフレーズを目にすることがある。

 

このフレーズを人生の活動指針にしている人がいたら申し訳ないのだけど、僕自身はあまりこのフレーズが好きではない。たしかに、仕事もプライベートもどちらも充実しているという状態はひとつの理想型ではあるだろう。SNSなどで「自分は仕事もプライベートも充実している」と公言している人を見ると、嫌味でもなんでもなく純粋に「すごいなあ」と感心してしまう。おそらく僕自身がそういう状態に至ることはないだろう。なんというか、仕事もプライベートも全力投球で手を抜かずやっていると、すごく疲れそうだと感じてしまうのだ。

 

苦しいことをやっていると疲れてしまうのは当然なのだけど、実は楽しいことをやっていても活動量が多ければやはり疲れる。充実さえしてれば疲れないということはありえない。基本的に、自分が一週間で使えるエネルギーの量は一定で、仕事にエネルギーをつぎこみすぎるとプライベートにつぎこむエネルギーがなくなってしまうし、逆にプライベートにエネルギーをつぎこみすぎると今度は仕事につぎこむエネルギーがなくなってしまう。だから現実には、仕事が超充実している人はプライベートはあまり充実していないことが多いだろうし、逆にプライベートが超充実している人は仕事はそんなに充実してないことが多い。ほとんどの人はそうやって適当に力を抜くべきところは力を抜きつつバランスをとっているのではないだろうかと思う(もちろんそうではない人もいるだろうけど)。

 

「仕事もプライベートも充実」というフレーズは、「充実していない=よくないこと」と決めつけ、あらゆる領域で全力投球することを是としているようでその点がどうも個人的には気持ちが悪い。別に、プライベートに全力投球するために仕事に割くエネルギーを最小化する人がいたっていいし、逆に仕事に打ち込むためにプライベートを最小化することだってあっていい。自分の価値観に応じて、注力ポイントを柔軟に選んだほうが実はすり減らずに活動を長期間持続できるような気がする。実際、「仕事もプライベートも」と徹底的に欲張った結果、気づけば燃え尽き症候群のような状態になってしまった人を僕は何人も知っている。

 

そもそも、「充実」というのは何を意味するのだろうか。休日に家でゴロゴロしているのだってそれで休息になっているのならある意味充実していると言えるだろうし、一方で会社でどんなに大きな仕事を任されていたとしても、本人がその状態をよいと感じていないのであればそれは充実しているとは言えない。結局、充実しているかどうかは本人の捉え方の問題でしかない。世間のイメージに引っ張られるよりも、自分がやりたいことをやりたいようにやれているかが一番大事なのではないだろうか。

 

たとえば「今はプライベートを第一に考えたい」というのであれば、仕事を無理に頑張る必要はない。何かを頑張ったら、何かで手を抜いてバランスを取るのが人間としては自然である。仕事・プライベートと分離して充実度を測るのではなく、トータルで考えて主観的に充実度を測ればそれでいい。そうやって持続可能な状態をつくり日々を生きていくのが、本当の意味でのワークライフバランスなのではないかと思ったりもする。

 

プライベート・ライアン [Blu-ray]

プライベート・ライアン [Blu-ray]