読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱社畜ブログ

仕事観・就職活動・起業についての内容を中心に、他にも色々と日々考えていることを書き連ねていきます。

『脱社畜の働き方』という本を書きました

スポンサーリンク

突然ですが、『脱社畜の働き方』という本を技術評論社さんから出版することになりました。Amazonで予約が開始されたようなので、お知らせさせていただきます。発売日は9/10です(2013/08/30追記:9/7に発売日が前倒しされたそうです)。

 

脱社畜の働き方~会社に人生を支配されない34の思考法

脱社畜の働き方~会社に人生を支配されない34の思考法

 

本書は、書名があらわすように「働き方」についての本です。多くの文章は書きおろしです。「ブログ内容をまとめただけの本」ではないので、「ネットで読めるじゃん」と思った方にも、ぜひ手にとっていただきたいと思っています。

 

このブログでよく触れている「仕事観」の話以外に、僕自身の起業失敗談、プライベートプロジェクト(会社に勤めながら自分のビジネスをすること)の進め方、将来の働き方についての提言など、このブログではあまり深くは触れていない内容についても書かせていただきました。目次を以下に載せておきます。

 

はじめに

第1章 日本の職場は理不尽なことばかり

 ・満員電車のサラリーマンが抱える苦悩
 ・サービス残業という犯罪行為
 ・「社会人」という不思議な言葉
 ・「有給休暇」を巡る諸問題
 ・「長時間労働」について
 ・日本の職場で我慢大会がはじまってしまう理由

第2章 社畜にならないための考え方

 ・仕事と自己実現
 ・仕事と成長
 ・会社との距離
 ・「逃げる」という選択
 ・仕事と人生
 ・脱社畜のための仕事術

第3章 僕が日本の仕事観に疑問を抱くようになるまで

 ・とにかく就職が嫌だった
 ・はじめて作ったウェブサービス
 ・ソーシャルゲームの会社を作る
 ・サービスの繁栄と衰退
 ・会社に就職する
 ・ブログを始める

第4章 プライベートプロジェクトのススメ

 ・プライベートプロジェクトとは
 ・プライベートプロジェクトのはじめかた
 ・プライベートプロジェクトの例
 ・プライベートプロジェクトに役立つサービス
 ・プライベートプロジェクトを成功させるコツ

第5章 脱社畜の未来

 ・僕たちはいつまで働き続けるのか
 ・脱社畜社会の先にあるもの

あとがき 

 

今年の2月ぐらいにお話をいただいてから半年程度、細々と執筆してきましたが、おかげさまで先日最後の著者校正も終えていよいよ発売間近ということになりました。とにかく、ホッとしています。途中で僕の力不足で出版できなくなった、ということになったら恥ずかしいので親しい人以外には言わずに水面下でひっそりと執筆をしてきたのですが、ここまで来れば出版はほぼ間違いないはずなので、告知させていただきます。

 

ブラック企業で悲惨な目に遭っているとまでは言わなくても、「働くこと」について言いようのない「もやもや」した気持ちを抱いている人は、決して少なくないはずです。僕も会社員勤めをしていた時は、満員電車に揺られながら、心のなかの「もやもや」した気持ちと毎日戦っていました。

 

本書は、そんな「働くこと」について「もやもや」を抱いている人のために書いた本です。このブログの内容に少しでも共感していただけるという方でしたら、きっと楽しんでいただけるのでは無いかと思っています。

 

また、第5章の「脱社畜の未来」では、僕が現時点で考えている「未来の働き方」について書かせていただきました。言ってみれば、脱社畜ブログ版「未来の働き方を考えよう」みたいなものです。

 

ぜひぜひ、ご一読いただければと思います。

 

脱社畜の働き方~会社に人生を支配されない34の思考法

脱社畜の働き方~会社に人生を支配されない34の思考法