脱社畜ブログ

仕事観・就職活動・起業についての内容を中心に、他にも色々と日々考えていることを書き連ねていきます。

学習院大学卒業生代表による謝辞への違和感

学習院大学国際社会学部の卒業生代表による謝辞が話題になっている。

 

www.univ.gakushuin.ac.jp

 

話題になっているのは上のリンクの謝辞①のほうで、一部では「ロックだ」と褒める声も散見される。僕も読んでみたが、正直なところ、かなり違和感を覚えた。少なくとも、僕には到底「ロック」なものには思えず、むしろこの謝辞の背後に隠れている価値観のひとつは老害的ですらあると思う。

 

勘違いされそうなので少し詳しく書いておきたいのだが、僕は決して「謝辞なのに誰にも感謝をしていない」という点を問題だと思っているわけではない。むしろ「感謝する相手なんて思いつかない、強いて挙げるなら自分自身だ」という主張だけ取り出すなら、これはまあひとつの主張として成立はすると思う。たとえば、この人が「謝辞の挨拶になると、誰もが本当は感謝なんてしてない人に対しても上辺だけは感謝の言葉を述べる。それは茶番だ、こんなことには何の意味もない」とだけ書いて終わったというのであれば、儀礼的なものに対する純粋な反抗心を表明したものとして、もう少し好意的に受け止められたかもしれないと思っている。

 

ところが、この謝辞にはそういった「謝辞を述べる」という行為自体に反抗するだけにとどまらず、それとはまた違った価値観に基づく主張が挿入されている。

 

しかし、私は素晴らしい学績を納めたので「おかしい」ことを口にする権利があった。大した仕事もせずに、自分の権利ばかり主張する人間とは違う。

 

この2文が決定的に余計であり、これがあるせいで、この謝辞の「反抗」的な内容は台無しになってしまっている。

 

この2文を読む限り、この方は「権利」というものの性質について大きな勘違いをしているようだ。そもそも、権利は何かの対価として付与されるものではない。この謝辞では「素晴らしい学績を納めたので「おかしい」ことを口にする権利があった」と述べられているが、「おかしい」ことを「おかしい」と主張する権利は別に、素晴らしい学績を納めた人でなくても保障されてなければならないものだ。

 

たとえば、選挙権について考えてみて欲しい。現代の日本において、選挙権は何かの対価として付与されるものではない。かつては、選挙権を得るための条件として一定額の納税が要求されてきた時代があったが、今ではそうはなっていない。このことからも、権利が何らかの義務を果たさないと得られないという価値観で現代の民主主義は動いていないことが理解できる。

 

(↓詳しくは過去に書いた記事でも述べているので、興味ある方は参照してみてください)

 

dennou-kurage.hatenablog.com

 

そして、この「大した仕事もせずに、自分の権利ばかり主張する人間」を批判するというのは、ブラック企業経営者であったり、あるいは政府の保守派のお偉方だったりが好んで行っていることでもある。こういった老害的な価値観が主張の裏に見えてしまっている時点で、僕にとってこの謝辞は「大きな違和感を覚えるもの」になった。

 

「自分の権利ばかり主張する人間」を批判する意見は、日常レベルではよく耳にする話ではある。だから、これを何の疑いもなく、あたりまえだと思っている人も多い。ただ、そこで思考停止してはいけない(「思考停止」することに対する批判はこの謝辞にも出てくる)。そういう「あたりまえ」を疑って解体していく姿勢を身につけることこそ、大学生が在学中にやらなければならないことだ。「思考停止」を批判するなら、こんな手前の部分で思考停止してしまわないでほしかったと個人的には思う。

 

ちなみに、一番感心したのはこの謝辞の内容よりも、この謝辞をそのままサイトに掲載した学習院大学である。

 

※謝辞①は内容が謝辞として相応しくないといった意見もありましたが、本学部は多様な意見を尊重しオープンな開かれた学部でありたいと考え、原文のまま掲載しております。

 

今後も、大学はそういった開かれが議論が行われる場であってほしいと思う。

 

 

リモートワークだからこそ「仕事モード」に切り替える儀式が必要

新型コロナウイルスは相変わらずだが、そのせいでリモートワークは、だいぶあたりまえになりつつある。標準的なIT系の企業なら、社内の会議がリモートなのは当然として、最近は顧客との会議であってもリモート開催で済んだりする。それなら平常時からリモートでよかったんじゃないか……というツッコミはあるにせよ、仕事の効率が上がるのは基本的には大歓迎だ。これを機会に「意味もなくダラダラと会議をやる」とか「とりあえず会ってお話を」みたいな我が国の非生産的な働き方は、見直されてほしいと思う。

 

ただ一方で、一部から「リモートワークだと今までのようにうまく働けない」という声も聞く。その中でも一番多いのが、「家だと仕事に集中できない」というものだ。この問題は、コロナウイルスの心配さえないのであれば近所のカフェやコワーキングスペースに移動して働くなどの工夫で簡単に乗り越えられるのだが、今はどうしてもそういう方法は取りづらい。どうしても家で集中して働く方法を考える必要がある。

 

「家だと集中できない」という人は、仕事とプライベートの境界線が曖昧なことが多いのではないだろうか。それで仕事中にプライベートに属することをやりたくなってしまったり、逆にプライベートでも仕事のことが頭から離れなくなってしまったりするのだと思う。これは家でなんの対策もなく漫然と働いていると起こりうる。「家だと怠けてしまう」というタイプの方ならまだよいほうで、リモートワークで一番よくないのは、「家だと無制限に仕事をしてしまう」というタイプのものだ。実際、リモートワークが一部の人を「働きすぎ」に追い込むという話はだいぶ前から指摘されている。

 

そこで、そういう人におすすめしたいのは、何らかの方法で「仕事モード」と「プライベートモード」を明確に切り替える儀式を導入するというものだ。儀式と言っても別にそれほど大仰なものである必要はない。人によっては、仕事で履くスリッパとプライベートで履くスリッパを履き替えるだけで、モードの切替を実現できる人もいるという。

 

標準的なところでは、たとえば下記のような方法などはいいかもしれない。

 

  • 仕事をする時は少しかっちりとした服に着替える(スーツである必要はないが、パジャマのまま仕事をするのはよくない)
  • 仕事用のPCとプライベート用のPCを厳格に分離する(情報漏えい防止の観点からもこれはおすすめできる)
  • 部屋の数に余裕がある人は、仕事部屋を作る。そこではプライベートに関わることは一切しない。
  • 仕事をする時は部屋のカーテンを開けて、外から見えるようにする。逆に、仕事が終わったらカーテンは閉める。

 

さらにこれは賛否が分かれるやり方だと思うが、仕事中はウェブカメラをオンにして仕事している光景をチームメンバー相互で共有するという方法もある。ただ、あまり厳格にやると相互監視っぽくなって嫌な空気が流れるので、これは強くはすすめない。

 

思うに、これからリモートワークが世の中全体で本格化していけば、リモートワークのための様々な儀式が発明されることになるだろう。まだまだこの働き方は発展中という側面があるので、いろんな試行錯誤があってよい。一律で「リモートはダメだ」と思考停止するのではなく、今後も工夫を凝らしてリモートワークという働き方を育てていければきっと未来は明るくなると思う。