読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱社畜ブログ

仕事観・就職活動・起業についての内容を中心に、他にも色々と日々考えていることを書き連ねていきます。

僕は今後も当分は東京で消耗していく予定です。

スポンサーリンク

イケダハヤトさんが高知県に移住するらしい。どのような背景から移住を決断したのかそのあたりの事情はよく知らないのだけど、たしかに東京の家賃は高いので気持ちはわからないでもない。

 

イケダハヤトは高知県に移住します。ブログタイトルを変えました→ : まだ東京で消耗してるの?

 

海外移住ネタと同様に、地方移住ネタも「生活コストを下げる」という文脈ではよく話に上がる。この手の海外移住とか地方移住に積極的にチャレンジする人も多いけど、僕自信は今のところ、それほど積極的に移住を考えてはいない。今後もしばらくは、東京で消耗しながら生きていく予定である。

 

やろうと思えば、僕も家賃が安い地方で暮らすことはできる。会社勤めをしている人に比べれば、はるかにやりやすいとも言える。仕事はパソコンと回線があればできるようなものばかりだし、買いたいものはAmazonで買えばいい。大自然の下でブログや本の原稿を書き、プログラミングをしたらさぞ気持ちがいいことだろう、と妄想したことがないわけではない。

 

しかし現実には、地方暮らしに踏み切ることができずに終わる。家賃は高いし大自然に触れることもできないのだが、それでも東京には捨てがたい大きなメリットがある。それは「とにかく人が多い」ということだ。もう、ホントにアホみたいに多い。それゆえ、逆に他人への関心がなくなる。東京で、他人の行動をいちいち気にしていたらキリがない。東京の住人は、いい意味で、放っておいてくれるのだ。コミュニケーションがめんどくさくない、と言い換えてもいい。

 

これが地方だと、人が少ないので必然的に「人の行動」が目立つようになる。僕はもともと地方在住で、大学進学がきっかけで東京に出てきたのだけど、地方にいた時は「◯◯くんのお兄ちゃんが国道を歩いていた」とか「△△くんが✕✕マートにいるのを見かけた」とか、そういう「他人の目撃情報」をよく耳にした。別に犯罪に手を染めたわけではないので目撃情報が共有されても実害はないのだろうけど、そういう「見られてる」という空気がとにかく息苦しかった。

 

いわゆる「みんなと同じこと」をする限りにおいては、地方もそんなに生きづらいものではないと思うのだけど、ちょっとレールから外れたことをやろうとすると地方ではすぐに目立ってしまう。東京なら、平日の真っ昼間に会社に行かずに街をふらふらしていても噂になることはないが、同じことを地方でやると即座に噂になる。平日の昼間に街中を徘徊するのが至高の喜びである僕にとって、それはちょっとしんどい。

 

「都会がいいか地方がいいか」という問題は、「会社員がいいかフリーランスがいいか」みたいな問題と同様に、一方的に結論が出せるような問題ではない。考慮する要素は多数あり、それぞれに対して双方にメリット・デメリットがある。それゆえ、どちらがよいかは価値観に応じた総合判断しかありえない。金銭的には東京のほうが消耗するのはほぼ間違いないだろうけど、精神面まで含めた消耗の度合いが東京と地方でどちらが大きいかは、その人の考え方次第ということになるだろう。

 

とても面白い実験だと思うのでイケダハヤトさんにはぜひ頑張っていただきたいと思う。東京から応援しています。

 

田舎暮らしができる人 できない人 (集英社新書)

田舎暮らしができる人 できない人 (集英社新書)