読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱社畜ブログ

仕事観・就職活動・起業についての内容を中心に、他にも色々と日々考えていることを書き連ねていきます。

何かをしないと決めることは、何かをすると決めるのと同じ価値がある――『しないことリスト』

書評
スポンサーリンク

編集者の方経由でいただきました、ありがとうございます。

 

しないことリスト

しないことリスト

 

 

本書は『ニートの歩き方』でおなじみのphaさんの3冊目の本である。おそらくphaさんの本の中ではいちばん内容が軽めで、サクサク読み進めるのに向いている。

 

タイトルからわかるように、本書のテーマは「しないこと」を決めるというものだ。はてなブックマークライフハック系の記事を読んだり、あるいは本屋のビジネス書コーナーに行くとわかるが、この世は「◯◯をしよう、◯◯をはじめよう」という前向きなメッセージで溢れかえっている。最近はこれが一周して「断捨離」だとか「ミニマリスト」だとかいう言葉も見かけるようになってきた気がするが、それでもやはり大勢は何かを新しく「する」方向に向いてるし、そういう情報に日々晒されながら生きている人がほとんどだと思う。

 

本書は、そんな「情報が多すぎる時代」に、周囲に流されずに自分の価値観でラクに生きるためにはどうすればいいか、について書かれたものだ。情報洪水という言葉はテレビが登場した時代からあったようだが、インターネットの台頭で情報の量はいよいよ天文学的な数字にまで膨れ上がってしまった。これだけ情報が多いと、その中から本当に自分にとって重要な情報を入手することはかなり大変だ。世の中に氾濫する「◯◯をしよう、◯◯をはじめよう」という情報のひとつひとつに真剣に付き合っていたら、人生自体が終了してしまう。

 

「すべきこと」の選択肢がほぼ無限にある現代では、むしろ自分の価値観に照らした上で「しないこと」を決めていくことが非常に重要になってくる。現代において何かをしないと決めることは、何かをすると決めることと同等、あるいはそれ以上の価値がある。本書に列挙されている「しないこと」のリストは、phaさんが自らの価値観でしないと決めたことであり、その思考プロセスを追うだけでも自分の「しないことリスト」を作る際に参考になると思う。

 

また、これは『ニートの歩き方』や二冊目の『持たない幸福論』にも共通することなのだが、phaさんの本では、他の本が紹介されることが非常に多い。個人的にはこの参考文献リストがいつも楽しみで読んでいる(今回はページの左下に言及と同時に紹介される)。以前、このブログで良質なコンテンツ作成にはIO比が大切という立花隆の意見を紹介したことがあるが(参考:ブログは毎日更新しないほうがいいかもしれない)、そういう意味でもphaさんの本はいつもIO比が高い。

 

「しないこと」を決めよう、という切り口のビジネス書はphaさんの本以外にもたくさんあるのだけど、そういう本は決まって「するな」と断定的だったり、あるいはお説教口調だったりするので個人的には好きになれない。その点、本書はご本人もあとがきでこう書いていることからわかるように、押し付け成分は皆無だ。

 

僕もこの本で「◯◯しない」というのをたくさん書いたけど、自分で書いておいてこんなことを言うのもなんだけど、ここに書いてあることをすべて完璧に実践する人がいたら怖いなと思う。こういうのは適当に読んで、適当に自分に使えそうな部分だけ取り入れて参考にしたらいいものだ。

 

本書を参考に、自分なりの「しないこと」を考えてみるのもいいかもしれない。